積水ハウスの一戸建てが2012年に完成。土地選びと設計のポイントと、実際に経験した一戸建ての失敗談や成功談を交えて夫婦で書いていきます。

一戸建てのエアコン費用をいかにして抑えるか。

モニ夫です。

前回、2Fのエアコンについて書きましたが
モニ夫家のエアコンはすべて施主支給をしています。

エアコンは施工のスケジュールに全く影響を及ぼさないので、
施主支給の中でもとてもやりやすい部類に入ると思います。

なぜ施主支給をしたかというと、
積水ハウスでのエアコン工事があまりに高すぎると感じたからです。
20畳+16畳+8畳用のエアコン3台が業者の工事付きで約80万…。

この値段がモニ夫的には納得できませんでした。
全部屋エアコンをつけると120万ほどになってしまいそうです。

エアコンは量販店の仕様と住宅専用の型番が違いますが、
積水ハウスが提示してきたのは、もちろん後者です。

ある程度性能差はあるかもしれませんが、それでも高すぎる。
(といっても、量販店もまともに買えば高いですが)

なので、設計さんにエアコンは施主支給することを伝え、
「設置予定のエアコンに合うように工事してくれ」と頼みました。

そして、家が完成後にエアコンを購入し、
地元の業者に直接依頼して工事をしてもらうことで、費用を2/3に圧縮できました。

ネット上にもエアコンを安く売っている店があります。
そこで施主支給しても良いかもしれません。
エアコン専門店 エアコンのマツ

価格.comなどで調べればすぐにわかることですが、
住宅専用のモデル(ダイキンだとSから始まるモデル)も普通にあります。
一番のおススメは旧モデル。

旧モデルはさっさと在庫処分しなければならないモノ。
新しいモデル登場後はお値段がぐっと下がってきます。
モニ夫の場合、見積りで25万弱だったエアコンが10万強で買えました。

家が完成したときは冬だったのですが、エアコンの購入時期は春です。
最初の冬は床暖房とヒータで凌ぎました(笑)。

春は、ベースモデルがモデルチェンジする時期なので、
旧モデル(になってしまう予定のモノ)がたたき売りされやすい時期なのです^^
車はフルモデルチェンジ前が一番値引きできるのと同じですね。

エアコンは旧モデルと新モデルとの性能差が生まれにくいので、
新しいものにこだわらない方は狙ってみてはいかがでしょうか。

全部ハウスメーカにお任せしても良いですけど、
施主支給でコストカットできるところって結構あるんです。

※エアコンを施主支給した場合、工事が失敗したときに積水ハウスは保証してくれません。
(当たり前と言えば当たり前か)

【2016.6.8追記】
家を建ててから3年以上経っても、エアコンの数は増えてませんw
最初から設置したエアコンは、全く問題なく作動しています。

和室はエアコンいるかな?と思っていましたが、別に必要ではありませんでした。
最初の選定が肝心ですね!!

↓新築ブログがいっぱいです!(押せば住まいブログに飛びます)
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. うおっ!エアコン高価いですね。
    ウチはもうちょっと安価かったかな、あ、小さいからか。
    取り付けトラブルが怖かったのでお任せしちゃいましたが施主支給だと好きな物を選べるというメリットは大きいですね。
    本音を言えばダイキン付けたかったです。

    • モニ夫&モニカ
    • 2014年 3月 17日

    shinさん、コメント有難うございます!
    いやいや、見積りがおかしかったんです!!
    中間マージンがっつり取るような見積りでした…。
    型番だけ見ても価格.comだと値段がダダ下がりしているのに、
    完全に定価で提示されているという(苦笑)。

    取り付けトラブルは怖いですよね。
    筋交いに穴開けられたらたまったもんじゃないです。
    ウチは穴あけとコンセントも付けてもらった状態で
    業者にお願いしたのでトラブルはなかったですが、
    中には酷い業者もいるみたいなので、
    たまたま運がよかったのかもしれませんね。

  2. こんにちは〜

    20畳+16畳+8畳用のエアコン3台が業者の工事付きで約80万ですか…!
    それは高い!
    だったら施主支給にしちゃいますよね。

    我が家のエアコンは積水に依頼しました。
    …というか、うちの場合、隠蔽配管にしたので 積水に依頼するしか方法はなかったのですよねぇ。
    我が家の間取りでは 隠蔽配管にしないと玄関側に室外機を持ってこなきゃいけなくなったのと、
    リビングは部屋のレイアウト上、業務用のビルトインエアコンしか付けられなかったので、普通の露出配管では無理っていうのもあって、隠蔽配管にしたんですよね。。
    隠蔽配管にする場合は あとあとのことを考えて積水ハウスに依頼するのがいいと判断しました。
    それでも、価格は全部で5台のエアコン(うち、リビングの業務用エアコンは定価で50万円超)で、隠蔽配管工事費込みで80万円でしたよ。(かなりサービスしていただきました♪)
    3台で80万円はちょっとぼったくりですよね。。

    隠蔽配管にしない場合は 施主支給がいいでしょうね。
    購入する時期を選んだら、かなり安くで買えますし、好きなメーカーのエアコンを選べますしね♪

    • モニ夫
    • 2014年 3月 18日

    ハチどんさんコメントありがとうございます!
    やっぱりウチのはぼったくり価格でしたね~・・・。

    >価格は全部で5台のエアコンで、隠蔽配管工事費込みで80万円
    めっちゃ安いじゃないですか!
    それだったら自分も積水に依頼したと思います。

    見積り貰った瞬間に、
    「ここから40%オフしなきゃ施主支給します(にっこり)」
    と宣言しちゃいましたからね…。

    ちなみにモニ夫家の工事も隠蔽配管です。
    リスクはありましたが、問題なく作動しております^^
    業者の腕次第ってところでしょうか。。。

    • Monica5
    • 2018年 6月 16日

    I have checked your site and i’ve found some duplicate content, that’s why you don’t rank high in google’s search results, but there is a tool that can help you to create 100% unique content, search for; SSundee advices unlimited content for your blog

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

プロフィール

記事を書いてる人:モニ夫&モニカ

2012年から積水ハウスの一戸建てに住み始めました。
家を建てた時の体験・失敗談や住んでからのことを、
このブログにつらつらと書いていきます。

このブログについて。詳しくはこちら

家づくりの参考にどうぞ!

積水ハウス一戸建て 記事一覧